ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

自閉症文学のススメ(14)

 皆様こんにちは、前回までは例文を使った講座を行いましたが、今回の講座は最終回を次に控えるのでちょっとしたコラムになります。
Lektion28:独自言語のススメ
 皆様は、日本語を使っていますね。日本人なのでそれは当たり前のことなのですが、私を含め発達障碍者というものはたまに言葉選びを間違えたりします。それは知識不足もないとはいえませんが、ひょっとしたら定型者とは根本的に異なる独自の思考法をしているからかもしれません。言語は文化の一種です、そしてその人間の人格の表現とも言えます。すなわち、人格や文化が違ったら当然使用する言語も違ってくるわけです。発達障碍者は当然、定型者とは違います。すなわち、人格もさることながら文化的にもあるいは異なるものなのかもしれません。日本は幸運にして80年前までは、あるいは160年前までは、縄文時代と飛鳥や古墳などの時代を別と考えるならば2700年程度前までは根本的に異なる文化とは接することなく、独自の文化に浸かっていることができました。そして、現在は変質しているものの根本的な断絶は経験せず現在まで連綿とした三千年弱の文化を築いています。人間は、だれしもたいていは自分の文化というものの特異性を意識せず育っています。特に、他の文化と接する機会がない場合は余計に。何が言いたいかと言いますと、発達障碍者は独自の言語体系を構築する素養に恵まれているということです。それこそ、指輪物語の原文は古典教養によって編まれた独自言語を原文では使用していますが、あれと同じレベルとまではいかなくとも、ユルヴィーユのような空想都市などを構築した人間もいるように、そういった思考は発達障碍者の最も得意とする分野なのではないかと思います。すなわち、発達障碍者こそ、表現者として最も向いているのだと私はここに発言いたします。ゆえに、当講座は自閉症「文学の」ススメなのです。別に絵が描けたり音楽が作れたりするならばそちらの得意分野を生かすのがよろしいと思いますが、大抵そういったものは別の才能や果てしのない教養が必要でございます。しかし、文字を操る行為は定型者に劣らない知性と教養、そして少しの試行錯誤があれば容易に可能です。ゆえに、私は文学をすすめるのです。漫画を描くには絵を描く必要があります。歌を作るには音を奏でる必要があります。それはどちらも非言語的才能です。しかし、物語は言語的才能であり、なおかつ特別な道具を必要としません。極論、ペンと紙すらない所でも、文字すらなくとも、物語を作ることはできます。保存ができないだけで。物語は、最も古風な表現体系であり、ゆえに世間では漫画よりも貴ばれているのです。逆に言えば、物語の地位が高いのは歴史性だけであり、そして物語も昔はそこまで高い地位ではありませんでした。いずれ、漫画が高い地位にたどり着くことも、私は不可能ではないと思っています。
Lektion29:振り返ってみよう、そもそもここで言う自閉症文学とは。
 自閉症文学とはいったいなんであるか。それは、発達障碍者という一人一人が特異な文化を持つ文明圏の、文化紹介だと私は心得ています。それが、エッセイであれ、物語であれ、己の脳髄から作ったものには違いありません。すなわち、この世に出た全ての作品は自己紹介なのです。ゆえに、優れた作品を作った人間が倫理観に悖る行為をすると叩かれるわけです。紹介と自己が違うじゃないか、と。とはいえ、作品が優れているとは何が優れているかという判断基準がありません。面白いというものは技巧であり、判断基準も存在しますが、物語の本当の評価軸ともいえる好ましいかどうかということはそれこそ個々人によって違います。面白くても好ましくない作品というものはどれだけ面白くても評価はされません。好ましくないのですから。だれが好ましいものに進んで近寄りますか。仮に近寄れと強制しても恨みを買うだけでしょう。嫌いなものを嫌いと言える社会は健全です。すなわち、それを好ましいと思う者が多数いるからとそれを嫌いだと言えない社会は不健全極まりありません。社会とは、多様性を認めなければ柔軟たりえません。そして、柔軟ではない社会は血管の様に寿命が早いでしょう。ましてや、それを好ましいと思う者が社会的地位が高かったり、あるいは単純に強かったりするから人数が少なくてもまかり通る社会とは、もはや人間社会ではありません。それは、ただのディストピアです。


自閉症文学のススメ(13)

皆様こんにちは、本講座も残り三回となりました。本日も例文を使った講座を行います。

Lektion27:例文を通してミームを学んでみよう
 ろくろ首という妖怪がいる。首が伸びることで有名だが、その首はなぜ伸びるのかという疑問を持ったことはないだろうか。弱点のことをネックというように、本来首とは弱点である。その弱点をわざわざ長くしてさらけ出す。いくら人間を驚かせるためとはいえ、なぜそのようなことを行うのか。よく、妖怪のレゾンデートルは人間を驚かせるためであるからという話を聞くが、ならばレゾンデートルのために妖怪は命をさらけ出すのだろうか。実は、ろくろ首にはまだ種類があり、首だけが離れて飛んでいくものや、その首に内臓がくっついて飛んでいくものもある。それらに関しては、どう考えても生命体とはいいがたかろう。あるいは、さすがに首だけが離れて飛んでいくというのはあり得ないと思った結果、首が伸びてつながっているならばあり得るかもしれないという判断のもと、そういったように話の内容や存在意義を改造された可能性もある。一応、民俗学上はろくろ首の離れている首をこう飛んでいるんだという効果線を描いた結果、それがつながっている細い首に見えたのでそう描いたゆえに、そう伝わったということが定説となっているようだが、ならば原点回帰として首が離れて飛んでいくといったように描写するのも可能ではないか。確かに首が繋がって伸びていると考えたほうが生物学的にはまだいそうではあるが。

 今回も、例文は自作でございます。さて今回はミームについて学ぶという理由で例文を書きましたが、そもそもミームとは何なのか。手元の国語辞典には載っておらず、広辞苑を借りてきて調べたら「文化の伝達や複製の基本単位。イギリスの進化生物学者ドーキンス(Richard Dawkins 一九四一)が提唱。人間の文化も遺伝子と同様に受け継がれ進化するという考えに基づく。」とあり、すでに私の想像とは多少違っているのですが、そこはそれ、次回の話題として取っておきましょう。さて、ミームを学ぶ理由なのですが、発達障碍者というものは基本、突然変異体の一種ではないかと私は考えております。突然変異体、即ち人類が進化する可能性です。人類即ちホモサピエンスとは別に完成形ではなく、恐竜の様にたまたま地球上の天下を取っているにすぎず、もし人類よりさらに強い生命体が現れたら倫理的なことは置いて、早晩滅亡するでしょう。別にホモサピエンスは優れているわけではなく、たまたま強い知性を持っているからここまで繁栄しただけであり、それは生物学的に言えば極論、恐竜のような強い肉体ではなくそれを補って余りある知性と、それに付随するものとして汗腺の発達と毒性への耐久力が強い、という程度にすぎず、純物理的に言えば素っ裸の人間などか弱いものです。ゆえに、社会を作り防衛してきた。社会なんてものも所詮はインフラの整った群れです。しかし、人類のような強い知性を持っている以上、倫理を考えることができます。群れに適合しないから淘汰するというのは獣の理屈です。障害者虐待防止法というものは、ある意味突然変異体を保護し進化の可能性を模索するという人類の無意識化の知恵かもしれませんよ。


自閉症文学のススメ(12)

 前回はフェイクニュースの見破り方を学びましたが、今回は発想力について学んでみようと思います。
Lektion26:例文を通して発想力を学んでみよう
 さて、本日も例文を提示するのでそれを見て学んでいきましょう。本日の例文はこちら。

 皆様は、ドラゴンクエストをご存じだろうか。知っているものとして話を進めるが、もし、魔王の正体が強力なモンスターではなく、スライムなどであったらどうだろうか。無論、話の流れとはいえスライムがラストボスである魔王、つまりは最後に戦う敵であったらそれはもはやギャグであるし、仮にそのスライムがある程度強化されていても、所詮はスライムである。いくら神輿は軽くて弱ければいいとはいえ、何故スライムが魔王になったのか。あるいは、それを考えてみるのも一興かもしれない。

 魔王がスライム。なんというかそれだけで笑いが取れそうですが、それこそが発想力というものであり、同時にその発想力を支えるために必要なのが前回学んだ論理性なのです。今回は分かりやすさ重視で既存の物語を例として出しましたが、実際にそんな発想力の塊みたいなことをした物語があるのか。それこそ、貞操を守ろうとするサキュバスみたいな矛盾じみた発想ですが、そういったところから物語が生まれることもあります。まあ、わたしはそこまで強い発想力を持った作品は残念ながら見たことはありませんが。しかし、それこそが最近の作品としての穴なのだと思います。さすがにわたしが第一先駆ではないとは思いますが、世の中、おそらくそういった物語はあるのでしょう。何せ素人のわたしが思いつくレベルのことであり、或いは誰もが思いついても誰もがあえてやろうとはしない、といった類のものかもしれません。しかし、逆にそういった穴に張る形で発想を作りだし、それを支えるために論理性を使って物語を書くというのも一つの方法だと思います。例えば、自閉症の場合ならば多弁であるとか。無論、多弁な自閉症も事実存在するのですが、自閉症という誤訳の結果、あまりにも広く浸透しているイメージとはかけ離れるために、意外性となるのです。意外性のある物語を書く場合としては、誰もが信じる真実味のある常識をあえて疑って隠された本当の真実を見出すことがその第一歩かもしれません。

 話は変わりますが、本講座は15回を予定しております。つまり、今回を除いて残り3回です。連載の間隔が空いているので年内に終わるかどうかは妖しいのですが、年度内までには終わる予定でございます。とはいえ、何らかの形で本講座終了後もブログは連載するとは思いますが、一旦ピリオドを打たせてもらいます。

最後まで何卒よろしくお願い申し上げます。 令和元年九月二十日、みっちゃん。


自閉症文学のススメ(11)

 皆様ごきげんよう。本日も当講座を受講いただきありがとうございます。
当講座も残り少なくなってまいりました。何卒最後までお付き合いくださいませ。
Lektion25:例文を通して論理性を学んでみよう
 さて、本日はいよいよ例文を通して学んでいきたいと思います。本日使用する例文はこちら。

 磯貝回龍という人物がいる。従来の学説では菊池家の直臣と言われてきたが、近年では異なる観点が生まれてきている。そもそも従来の学説は小泉文書を論拠にしており、それは回顧録という観点から書かれたものだからだ。しかし近年の観点としては市ヶ谷文書という発掘された史料があり、これは実際には武田殲滅戦で甲斐の豪族を貶めるために書かれたという説だ。

出典は、明記しません。なぜならば、今私が即興で作ったのですから。
 では、この文から何が学べるか。論述の悪用の仕方でございます。実は上の原稿はあらかじめ型を作っておいて、それに当てはまる現象を探しただけであり、論述の型はあらかじめ用意していたのですから、そりゃ論理的に聞こえて当然なわけです。では、そんなものを学んでどうするのか。あんまりこういうことは言いたくないんですが、フェイクニュースの見分け方及び、メディアリテラシーの養い方です。今回の例文はあからさまな嘘、というよりはある物語を読んだ結果その世界ではこういった記述がなされているんだろうなあ、という想像を創造したものです。実際にはそんな人物は存在しないでしょうし、したとしても事実とは異なるでしょう。そもそも磯貝回龍って誰だって話になりますし。しかし、知識がなかったり、常識がなかったりするとうっかり上の文章でも信じかねないわけです。つまりは、それが巧みな御伽噺としての時代小説であり、今もなおその作品が語り継がれている要素なのです。では、こういったフェイクニュースを見破るためのメディアリテラシーはどうすれば養成できるか。簡単な方法としては、もうわかっている現象、つまりは北朝鮮の拉致事件などを昔のニュースで読んでみることです。例えば、それがなかったと言っていた新聞では明らかな嘘をいかに尤もらしく整えるかということに腐心していると思います。そしてそういった手法を見極めることができれば、次からは容易には騙されなくなるでしょう。そのために、嘘を学ぶのです。そして、巧い嘘を学べば、自分でももっと改変できるはずです。宗教や地獄、天国などというものは所詮は嘘です、僧侶が既得権益を守ろうとするための方便にすぎません。しかし、今なお信じられています。それは概してそういった層の人間は教養が深いため、より浸透しやすい嘘をつけるためです。そしてそれは、宗教だけに限らず、資本主義や共産主義、啓蒙思想などの世界的思想も同様です。何卒、読者の皆様は思想にかぶれることなく、自分の思想をもってください。


自閉症文学のススメ(10)

皆様ごきげんよう、そろそろ寒くなってきます。風邪などひかないようにご注意ください。
Lektion20:躁の日に計画を立てない
 これはどういうことかといいますと、人間だれしも調子のいい日や悪い日がございます。その調子のいい日に計画を立てる行為はよくない、ということです。考えればわかる通り、調子のいい日に合わせたら調子の悪い日は相当な無理をしなければなりません。なので、計画を立てる場合は調子の悪い日に計画を立て、調子のいい日にその計画を実行するという形が一番適格かと思われる次第でございます。
Lektion21:たら・れば・もしも
 はっきり言ってこれは物語を制作するにあたっては非常に重要な要素です。無論、過ぎたれば及ばざるがごとし、なにもかもに適用すれば物語ではなく夢物語になってしまいます。つまりは、何が言いたいかというと、オッカムのカミソリのごとく、ここぞという重要なポイントにこそ、この要素を投入しましょう。たら・れば・もしも、すなわちifとは物語においての塩のようなもの。塩は過ぎれば素材を殺しますが、なければ料理なんてできたものじゃありません。つまるところ、たっぷり使いすぎるのではなく作品の要所でifという塩を使いこなせば、格段にあなたの作品は良くなるはずです。
Lektion22:パワーワードのつかい方
 物語というものは印象的な名場面で満ちています。そしてその名場面には魅力的なセリフがあります。しかし、強すぎるパワーワードはそればかりがミームとして語られ、物語そのものの味を殺しかねません。ゆえに、パワーワードに頼り切るのではなく使いこなすことが必要なのです。まあ、どんな物語を書くかにもよるとは思いますが。たらればもしもが塩だとすると、パワーワードは香辛料といえると思います。
Lektion23: メモランダム&クラウド
 これはつまり、ネタを思いついてその場でメモを取るだけではなく、それをクラウド管理することによりいつでもその内容を取り出せるようにするということでございます。とはいえ、難しいことは考えなくても大丈夫。取ったメモをスマートホンなどで写真撮影して、その画像データをクラウドサービスに突っ込んでしまえばあとは勝手に管理してくれます。画像データで容量を食うならば、文字データにする面倒さがありますが。
Lektion24: とまあ、こんなものでしょう。
 私自身、素人ですから教えられる技法はそこまで多くはありません。そして、技法の全てを使えているわけではありません。それに、ここまでの技法ははっきり言って一般論でしょうし。とはいえ、私自身の独自の技法というものはあまり存在せず、精々が天使待ちを行っている間は決して焦らず、慌てず、そして天使が通りかかったら何を犠牲にしてでもとっ捕まえる、といったところでしょうか。あ、天使待ちというのは原稿が天から降ってきて、それが見えることを待つ、ということです。私の場合、原稿が書ける状態になったら、情景が見えるのです。つまりは、それを真似しろと言われても、私自身どうやってそれを待っているか、とかどんな感じで見えるか、と言われたら分かりませんし。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • 2020年02月19日

    私の挑戦、PEAKS8周年記念行事でのスピーチ
     2月8日にPEAKSの8周年記念行事がありました。その中で私は一つの挑戦をしました。  その挑戦とは緊張...

  • 2020年01月31日

    修了にあたっての感想
    ようやくこの日を迎えることができ、PEAKSには感謝の言葉しかありません。 利用当初、PEAKSの皆様が将来...

  • 2020年01月21日

    PEAKS神戸を修了して
    少々長いかも知れませんが、就活に困っている方は一度読んでみて頂きたいです。PEAKS神戸に来てから1年9...

  • 2020年01月20日

    ピークスを終えて
    私はピークスを修了する。入ったころは、作業が割り当てられるのだけれども、いつもボーっとしていて職...

  • 2019年12月05日

    PEAKSで学んだこと
     PEAKSでは、訓練を行う中で、報連相のこと、メモの取り方、普段の身だしなみなど就職するための下準備...

  • 2019年12月04日

    PEAKS神戸を再利用
     こんにちは、就労移行支援事業所を利用して就職したけど、いかず再度、就労移行支援事業所を利用する...

  • 2019年11月27日

    失敗の重要性
     失敗というのは自分自身の場合、すぐに落ち込むため、悪い印象でした。しかし、ここにきて最近感じた...

  • 2019年11月26日

    施設外就労の感想
    施設外就労の感想 私はPEAKS神戸に入所してから一か月弱で初めてグループ就労訓練に行かせていただきま...

  • 2019年11月07日

    封入作業で思うこと
     ブログ初投稿となります。記念すべき初回のテーマは10月初旬に行われた封入作業になります。  10月初...

  • 2019年11月01日

    自閉症文学のススメ(14)
     皆様こんにちは、前回までは例文を使った講座を行いましたが、今回の講座は最終回を次に控えるのでち...

  • 2019年11月01日

    自閉症文学のススメ(13)
    皆様こんにちは、本講座も残り三回となりました。本日も例文を使った講座を行います。 Lektion27:例文を...

  • 2019年11月01日

    自閉症文学のススメ(12)
     前回はフェイクニュースの見破り方を学びましたが、今回は発想力について学んでみようと思います。 Le...

  • 2019年10月30日

    自閉症文学のススメ(11)
     皆様ごきげんよう。本日も当講座を受講いただきありがとうございます。 当講座も残り少なくなってまい...

  • 2019年10月30日

    自閉症文学のススメ(10)
    皆様ごきげんよう、そろそろ寒くなってきます。風邪などひかないようにご注意ください。 Lektion20:躁の...

  • 2019年10月30日

    自閉症文学のススメ(9)
     皆様ごきげんよう。今週も講座を始めたいと思います。今月からはいよいよ技法的なものに入っていきた...

  • 2019年10月28日

    就職して退所するにあたっての感想
    PEAKSを利用して訓練をしていく中で、多くの職員の方々からご指摘を頂きまして、自分のまだ至らない、で...

  • 2019年10月10日

    自閉症文学のススメ(8)
     皆様ごきげんよう、今週も当講座を受講いただきありがとうございます。 Lektion14:スランプ時の過ごし...

  • 2019年10月09日

    自閉症文学のススメ(7)
    皆様ごきげんよう。本日の自閉症文学講座を始めたいと思います。 Lektion12:一本書いてみた、さて次はど...

  • 2019年10月08日

    自閉症文学のススメ(6)
     皆様、お元気でしょうか。こちらは腰が痛くて長い事立ってはいられません。とはいえ、座ってする作業...

  • 2019年10月07日

    自閉症文学のススメ(5)
     皆様こんにちは。そろそろ皆様も手元の原稿が5000字程度は書けているころでしょうか。今週の講座を始...

  • 2019年10月01日

    PEAKS神戸の修了を迎えての感想。
    PEAKS神戸の修了を迎えての感想。  PEAKS神戸を利用しだして、最初に思った事は、自分と似た人に対して...

  • 2019年10月01日

    自閉症文学のススメ(4)
     そろそろ、書いている今現在でも酷暑から猛暑へと気温が減っている今日この頃。皆様はこれが掲載され...

  • 2019年09月25日

    自閉症文学のススメ(3)
     これが掲載される頃には、涼しくなっていればいいのですが・・・。ああ、こんにちは。本日も当講座を...

  • 2019年09月19日

    自閉症文学のススメ(2)
     皆さん、暑い最中倒れたりしていませんでしょうか。本日も講座を始めます。第2回目の講座は、技術論...

  • 2019年09月18日

    自閉症文学のススメ(1)
     皆さん、お元気ですか。本日も講座を始めたいと思います。第1回目の講座は、プロットの書き方にした...

  • 2019年09月04日

    実習に行って感じたこと
     わたしは7月29日から8月2日まで5日間実習に行ってきました。 実習の内容はスーパーの商品陳列や...

  • 2019年08月26日

    敬語の使い方
     私がピークスに入った時に少し驚いたことがあります。それは、職員の方も訓練生の方も基本的には、敬...

  • 2019年08月21日

    実習を終えて
    今回のブログは、二週間の実習を終えて、私が気付いた自分の変化について掲載したいと思います。 実習で...

  • 2019年08月16日

    自閉症文学のススメ(0)
    皆さん、私は自閉症です。更には、躁鬱も患っております。正確な病名は憶えていませんが、こう見えて文...

  • 2019年07月29日

    職場実習を終えて
     わたしはとある店舗に職場実習に行った。初めての職場実習ということもあり少し緊張した。  初日は、...

  • 2019年07月23日

    怒りを誘発する一次感情と、その対処方法
     現在の自分の問題点と、PEAKSでの今後の目標について書かせていただきます。  私は小さな苛立ちを余...

  • 2019年07月01日

    一寸先を光に
     皆様、ご存知だと思いますが「一寸先は闇」という言葉があります。現在順調にいっていても、すぐ先は...

  • 2019年06月19日

    発達障害だから特別必要な事ってあるのか
     ピークスに入所が決まった際、金曜日は隔週で「ビジネスマナー講座」というものがあるということを知...

  • 2019年05月29日

    ピークスのよいところ
    自分を客観的に見ることができます ピークスの良いところ ピークスを一年少し利用していて、ピークスに...

  • 2019年03月06日

    再チャレンジを終えて
    前回の利用で今までの自分と向き合い、働く自信を持ち、障害者雇用での就職を遂げました。所長が言う通...

  • 2019年02月12日

    「有馬温泉ユニバーサルの日」振り返り
     2月1日に有馬温泉で行われたイベントに参加しました。前情報から、有馬温泉に就職を希望する障害者の...

  • 2019年02月04日

    作業実習を終えて
     わたしは、兵庫県雇用開発協会さんのもとで機関誌の発送作業の補助を行いました。具体的な作業内容は...

  • 2018年12月18日

    清掃ボランティアに参加して
     12月4日の午後、私を含めたPEAKS神戸の利用者はJR神戸駅前の清掃ボランティアに参加致しました。これ...

  • 2018年11月28日

    見直しの半年間
     自分で決めていた期限内で、無事に就職することができました。色々ありましたが、気がつけば終わって...

  • 2018年11月16日

    給湯器工場での職業実習
    先日私は、加古郡稲美町の給湯器のメーカーで5日間実習を行いました。 給湯器の部品の板をバネに入れる...

  • 2018年10月25日

    実習を終えて
     先月の下旬、私は市内の病院で職場実習をさせて頂きました。前職を退職してからブランクがあり、実習...

  • 2018年08月27日

    悩みや不安は1人で抱え込まない
     私はPEAKS神戸に去年の4月から入所し、今年の9月から就職が決まりました。発達障害と自閉スペクトラ...

  • 2018年08月08日

    先日実習に行った先に就職が決まりました
    7月17日から7月27日まで保険会社に職場実習に行かせて頂きました。今回、三回目の実習に行かせて頂き、...

  • 2018年07月19日

    封入作業を終えて
    7月5日、今年に入って二度目となる封入作業をピークス神戸訓練生全員で行いました。 年に四回行われる当...

  • 2018年07月04日

    課外活動大特集
    【王子動物園にて課外活動を振り返って】 六月初旬、一年振りに課外活動に参加し、王子動物園にて課題テ...

  • 2018年06月19日

    職場実習の環境美化整備業務を振り返って
     私はPEAKS神戸を利用してから、11か月経過しているダブリンといいます。  今回は5月下旬に行な...

  • 2018年06月14日

    就職できました
    専門学校を卒業してもなお就職が決まらず、どうしようかと思っていた時、母のすすめでここを知りました...

  • 2018年05月02日

    Peaks神戸での訓練を振り返って
    二回目の利用者ダイアリーとなります。花子です。 H30年5月1日より、有難いことに就職が決まりました。 ...

  • 2018年04月24日

    ここに来る前と後
    ここに来る前と後 「ここに来る前」 ・自分は周りからどう見られているか、それを把握するのが難しかっ...

  • 2018年04月20日

    PEAKS神戸を終えての感想
    始めまして。PEAKS神戸修了生の野球小僧です。4月になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。  平成...

  • スタッフブログ
  • 保護者の声