ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

発達障害の講演会に行って

 ご無沙汰しております。年が明けてからブログ委員が増え更新が久しぶりになりました、ミルクティーです。

 一時期行っていなかったのですが、最近また発達障害関係のセミナーや講演会に行くことが出てきたのでそのことについてふれたいと思います。
 以前にも少しふれましたが、私は大学時代に幼児教育を専攻していた時に講義で発達障害のことが出てきて、その存在を知りました。講義では少ししかふれなかった為に、自分も発達障害だというと確信を持てるほどまでの情報がありませんでした。就職後、本を読んだり職場での経験だったりがきっかけで、発達障害のセミナーや講演会に行くようになりました。
 主に行く講演会は、発達障害とは何かや発達障害者への支援などといった内容が多いです。最初は、講演会で話を聞くことで少しずつ自分は発達障害の可能性があると認識していくようになりました。最近では、自分はこのような障害特性があるということを気付くきっかけになったり、このような工夫をすれば自分自身の障害特性をカバーできると自分で考える力が身に付いたりしました。また、自分の障害特性に合わせ自分自信で工夫を考える力はまだ足りなく感じる時もあるので、今後もセミナーや講演会でヒントになる部分を見つけていきたいです。

 そして最後に、講演会に行く中でとても印象に残ったことがあります。それは「発達障害の特性は誰でもやってしまう部分もある。定型の方は気を付けていればどうにでもなる。気を付けるだけでなく、そこに+αで工夫が必要なのが発達障害だ。」という内容です。発達障害とは何かと考えることが多かったですが、これを聞いたときには何か自分が求めていた答えが出たようですっきりした気分になりました。

 発達障害のセミナーや講演会は少なく感じますが、これからも機会があれば講演会に行って発達障害について理解を深めていきたいです。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声