ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

職員行動指針




NPO法人ピークスネットワークは、職員一人ひとりが組織の一員として、自らの行動に責任と自覚を持つため、「ピークスネットワーク職員行動の指針」を定め、法人内外に示します。
NPO法人ピークスネットワークのすべての職員は、この行動の指針の遵守に努めることとし、殊に管理・監督する立場にある者は、自らが模範となるよう率先して実行に努めます。



1.社会的ルールの遵守(コンプライアンス)の徹底


私たちは、関係法令、法人の定めた諸規程はもとより、法人の理念や社会的ルールの遵守を徹底します。

2.人権の尊重

私たちは、差別のない公平な法人であるために、互いの個性や違いを積極的に認め合い一人ひとりが平等であるという考えの下に行動します。


3.説明責任(アカウンタビリティー)の徹底


私たちは、利用者やその家族・後見人等に提供するサービスや関連する情報について、適切に説明する努力や工夫を行います。また地域の理解と信頼を高めるために地域とのコミュニケーションを図ると共に、適切な情報開示、情報提供に努め、説明責任を果たします。

4.専門性の向上

私たちは、専門職の誇りを持ち、絶えず研鑽を重ね、相互に切磋琢磨して、質の高いサービス向上に努めます。

5.自己点検と改善

私たちは、提供するサービスについて常に自ら検証し、業務の改善に努めます。
また、不服・苦情を真摯に受け止め、誠意をもって対応します。

6.個人情報の保護と管理

私たちは、個人情報保護法等に基づき、個人情報の適正な取扱いを行います。

7.危機管理(リスクマネジメント)の徹底

私たちは、常に安全性に配慮したサービスの提供と事故防止に努めます。

8.風通しが良く活気あふれる職場づくり

私たちは、相互研鑽と実践の場として、厳しき中にも、活気があり、働きがいのある職場づくりに取り組み、やさしさと思いやりに溢れた施設環境を創出します。

9.発達障害のある人の職業支援の促進

私たちは、発達障害のある人たちの障害特性を理解し充分に配慮した接し方、環境づくりを行うだけではなく、それらを企業へ正確にお伝えしていく中で就業支援の促進を図ります。


 

職員が留意すべき事項

1.職員一人ひとりの基本的な心構え

①虐待を防止するために、事務所等で働く職員は、プロフェッショナルとして、常に高い人権意識を持ち続けなければいけないこと。
②職員は利用者にとってかけがえのない支援者であることを自覚し、利用者の立場に立った言動を心がけなければいけないこと。
③虐待に対する受け止め方は利用者によって様々で、利用者が虐待だと感じれば虐待とされる可能性があることを、絶えず認識すること。
④利用者との人間関係ができていると思い込まないこと。
⑤職員の支援に利用者が不快感を示した場合は、同じことを繰り返さないこと。
⑥利用者自身が心理的・肉体的苦痛を感じていても、それを訴えたり、拒否できない場合があることを認識すること。

2.障害のある人を支援する職場としての基本的な心構え

①虐待や不適切と思われる支援について、職員同士で話し合うなど、お互いに高めあえる雰囲気作りに努めること。
②被害を受けている利用者について見聞きした場合は、速やかに利用者の安全を確保した上で、組織として対応を検討すること。
③虐待や不適切な支援があった場合は、それを職員個人の資質の問題だけとして処理せず、組織としてよりよい支援を検討する機会と位置づけること。

平成27年2月20日
特定非営利活動法人ピークスネットワーク


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声