ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

職場実習が終了しました

 PEAKS神戸に入所して約1年が経ち、始めて職場実習に5日間行ってきました。

 実習先は某靴屋さんの倉庫で、ピッキング・仕分け・梱包・倉庫内整理など様々な作業を行いました。
 初日や2日目はピッキングをメインで行いました。ピッキング自体は以前派遣で仕事をしていた時に少し経験がありました。今回久しぶりにピッキングをさせてもらって飲み込みが早いと言われ、嬉しかったです。2日目にはピッキング中に違うものを取ってしまうというミスをすることもありましたが、その分見直しの大切さに気付かされました。
 2日目の夕方から最終日までは、仕分けや梱包のやり方も教わりつつ、倉庫内整理をメインで行っていました。倉庫内整理は、棚の整理や合算を行う中で、次にピッキングをする際にどうすればやりやすくなるか考えながら、行っていました。

 この職場実習を通して、気付いたことがあります。まず、1日や1週間の中でも様々な作業を行うことで、集中力が切れることがなかった事です。1日中同じ作業が何日か続くとその日の気分によって集中力が続かなかいことがあります。
 また、仕事を覚えようとする意識が高いとか慣れてきたら自ら率先して作業を進められていたという評価を貰い、自分では当たり前に思っていた仕事への姿勢に気付かされました。
 職場実習に行くことで、第三者から仕事に取り組む姿勢を好評価して頂き自信につながりました。今まで気づかなかったことを知れたので、今回職場実習に行ってみて本当に良かったと思っています。


実習に行ってきます

 最近、朝晩涼しくなり過ごしやすい日が増えてきた。そんな中、私ミルクティーは夏に遊び過ぎてお金に困っているこの頃です(笑)

 近々とある企業の実習に行くことになり、先日その顔合わせに行ってきました。面接となるといつも緊張しましてうまく話すことができないのですが、今回は面接ではなく顔合わせということを意識して、笑顔でいることを意識して挑みました。
 顔合わせでお話しさせて頂いた担当の方も、話しやすい方で私が思っていたよりもガチガチにならずにいることができたように思います。

 作業の内容を聞いているとピッキングや梱包など、今までの倉庫内の仕事で少し経験がある内容でした。そのため方法は企業によって違うものの、どのような流れになるのかは何となくイメージできて少し安心しています。
 また、倉庫内の環境や職場の環境も教えてもらいました。倉庫は、夏は暑いとの話が出ました。私自身は冷暖房が直接あたるぐらいなら冷暖房のない倉庫で働く方がやりやすいので、その点は向いているのかなと思っています(私は冷暖房が嫌ではありませんが直接あたると苦手です)。

 いろいろと話をしていた中で、先日、古川所長からそろそろ就職先の条件の優先順位を考えてみてもいいという話を思い出しました。元々とある駅より東で就職したい気持ちが強くありました。でも、実習の顔合わせや古川所長の話の中から、今までの職場環境を考えると、勤務場所より私自身が働きやすい環境で働きたいという気持ちの方が大きいような気がします。優先順位を考えるならば、①職場環境や仕事内容②給料や勤務時間③勤務地だという事に気付きました。

 この実習でピッキングや梱包などの作業を仕事にするなら、どのようなことを課題にすればスキルアップできるかあるかを把握できればと思っています。


企業見学ツアーに参加しました

 お盆休みがあったので久しぶりの更新となりました、ミルクティーです。まだまだ暑い日々が続いていますが、私の地元では、8月に入ってから夜になると少しずつ秋の虫の鳴き声が聞こえるようになりました。

私は先日とある企業の見学ツアーに参加して、工場内の見学をさせてもらいました。作業系の仕事に進もうと思うようになってから、工場や倉庫内の見学ツアーがあるとできるだけ参加するようにしています。

最初この企業に着いたときに、今まで仕事で行っていた倉庫に比べると、はるかに敷地面積が大きかったことにビックリしました(想像していたより、大きかったです)。何と言っても、敷地内を車や自転車で移動するのが当たり前ということに驚きです。
時間的に全部の倉庫を見ることはできなかったのですが、いくつかの倉庫の中を見させてもらいました。今回見学させてもらったところは、機械を使いながら複数人で行う作業が多かったです。
後、この企業では、部署や役職などによって帽子の色が違うことが印象的でした。帽子の色が違うことで、分からないことやトラブルを誰に聞いたらいいか判断しやすくなるため、いい工夫だなと思いました。

この企業の見学ツアーに参加してみて、気になる作業がいくつかありました。場所によっては、久しぶりに倉庫でピッキングをやりたいなと、思わせる場所もありました(笑)でも、実際やってみないとどこまで出来るか分からないし、自分なりの対策が必要になってくるかもしれません。自分はどうしたいのか考える機会として、少しヒントをもらえたような気がします。その点で、今回の企業見学ツアーは参加して良かったのかなと思いました。


自分のことの気づき part2

 7月に入り暑くなったから家で冷房を付けてみたら、エアコンが壊れていて大変な目にあったミルクティーです。

 前回と似たような内容になりますが、自分がどのような仕事に就きたいか考えるようになって気づいたことにふれたいと思います。私は、事務にあこがれている部分もありつつ、どちらかというと経験のある軽作業の方が向いているのかなという気持ちが前からありました。そして、自分の障害特性を知った上でどんな仕事が向いているか見極めたいと思いクロスジョブKOBE(以下CJⅡ)に入所しました。

 最初は、軽作業の経験はあるけど事務系は未経験ということで、パソコン作業とかをメインでやれたらと思っていました。入所してから半年ぐらい経った頃から、自分の中で何となく事務より軽作業の方が向いているのではないかなと思うようになりました。そして、ある時職員と話していて、事務より軽作業の方が向いているのではという話になり、今では、軽作業の方で考えていて、どのような作業が向いているのか見極めているところです。

 CJⅡの訓練をしている中で、なぜ軽作業の方が向いていると思ったか理由が3つあります。それは、①体を動かしている方が集中しやすい②チェック作業のミスも少ない③仕分け作業もミスが少ない、の3つです。でも、軽作業の中でも、ライン作業といったずっと同じ作業となると集中力が続かないので、向いていないと思っています。また、文字がたくさん並んでいるもののチェックや、人の名前や地名など特殊な読み方が含むものの仕分けは苦手です(人の名前や地名の漢字は、漢字の読み間違えや漢字そのものが読めなかったりするためです)。

 最近、方向性は掴めたものの、どのような仕事に就きたいかはまだはっきりと決まっていません。ここでの訓練で気づいたことや過去の仕事をもとに、自分の特性を考え、今後どんな仕事に就きたいか考えていきたいと思っています。


自分のことの気づき

 気付けばクロスジョブKOBEⅡ(以下CJⅡ)に入所して半年以上が過ぎ、自分のことで気付き始めることがあります。障害の特性なのかはまだはっきりと分からない部分もありますが、自分の行動とかで気になったことをいくつか取り上げたいと思います。

 まず1つ目は、落ち着きがないことです。椅子に座って何かしているとき、よく足をブラブラと動かしていることが多いです(職員に確認したところ、よくやっているとの反応でした)。やる理由としては、特に意味はないのですが何となく落ち着くからです。
 これで一番困るのは、舞台を見ているときです。今のところ、双眼鏡を使ったり膝の上にハンドタオルを置いてそれを触っていたりすることで、何とかやり過ごしています。これに関しては、してはいけない所では何か工夫していく必要があるのかなと、つい最近気付きました。

 2つ目は、しようと思ったことや何か大事なことを思い出したときに、すぐ行動に移すかメモしておくかしていないと、肝心なときに忘れているということです。それで、必要のないときに限って思い出すことが多いです。
 これは、障害が分かる前の中学生や高校生の頃から、気になっていたことです。例えば、寝る前あれを鞄の中に入れていないけれど明日の朝入れたらいいかなと思って、鞄に入れずに寝るとします。そうしたら、100%持って行くのを忘れていました。とある工夫をするようになってから、家を出た後に鞄に入れ忘れしたことを思い出すという出来事がなくなりました。それは、寝ようとしたときに鞄に入れ忘れを思い出たら、明日の朝ではなく思い出したときに鞄に入れるようにしたことです。
 ただ、この類の忘れ物などは減ったものの、大事なことだから覚えておこうと思ったことをすぐに行動に移したり、メモしたりしないと忘れるのは、今でもよくやってしまいます。これはまだまだですが、他にも何かしら工夫を考えないといけないなと思います。

 最後に3つ目は、誤字脱字や転記ミスをすることです。
 今では、フリクションボールペンがあるから、重要書類以外はそのペンでごまかしています。でも、就職活動のときは、履歴書を書くのに6枚も7枚も書き間違いをしたりして、とても苦労した記憶があります。今後、書類を書くときのために、誤字脱字や転記ミスはどう工夫しようか今試行錯誤しなければなと思っています。

 多分、まだ自分では気付いていないことはたくさんあると思います。CJⅡにいる間にもっと自分のことを知って、工夫できることは工夫できるようにしていけたらなと思っています。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声