ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

様々な実習に行く意味や大切さ

 こんにちは、CJSです。私は11月に3つの実習に行って参りました。3つの実習に行って感じたことは、「色々な職場がある!」ということです。何を当たり前のことを言っているのだと感じる方も多いと思います。しかし、私のようにどうしても自分の中で「仕事のイメージ」や「職場のイメージ」というものを勝手に作ってしまっている方も多いのではないでしょうか?
 そういう私みたいな人間にとって様々な実習に行くことは、非常に重要なことだと思います。私が実習させていただいた職場には、同じ事務職でも、入力業務のような作業の正確さが求められる職場もあれば、上司が必要としている情報を整理し、まとめる能力が求められる職場もありました。このように事務職といっても求められる能力には違いがあります。「事務職はこういう仕事だ。」と決めつけて自分の能力や特性に合わない事務についてしまうと本当に苦労すると思いました。
 私は「事務職の中でも〇〇というスキルがより活かせる事務職が良い。」と自分の能力を知り、自分ができる仕事を選ぶためにも、多くの実習に行くことは大切だと思いました。そして、そのような実習に行く機会をいただけるのが就労移行支援事業所を利用するメリットだと改めて感じました。
 今は、コロナ禍で実習にも行きにくいですが、チャンスがあれば今後も積極的に色々な職場を体験して、より「自分はどんな事ができて、どんなことが苦手か?」をより詳しく理解していきたいと思います。

CJS


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声