ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

とある体験利用者の一日

 皆様初めまして、新しく入所したトマトと申します。今回はピークス神戸を体験利用させて頂いた時の様子をお届けします。就労支援施設って一体どんなところなの?と疑問をお持ちの方々の参考に少しでもなれば幸いです。
 朝、立ち並ぶビルの間を進みピークス神戸に向かいます。ピークス神戸のある建物が大きく見えてくるにつれ、私の心は小さくなっていきます。今日も一日上手くやっていけるでしょうか。しぼんだ心のままピークスの入り口をくぐり、始業準備と朝礼を済ませると朝の訓練が始まります。
 今日の訓練はプラグの組み立てです。手先を使う作業は大の苦手…果たしてプラグは出来上がるのでしょうか。不安に駆られながらも四苦八苦した末になんとか組み立てることが出来ました。苦労しながら行った作業が完了すると心が躍ります。早速職員さんに作業が完了した旨を意気揚々と伝えたところで一言、「ネジを付ける位置が間違ってますね」とご指摘を受けました。さきほどまでの達成感は見事に吹き飛び、慌てて修正作業に取り掛かります。なんとか時間内に作業が終わりホッと一息、感情の変化が忙しい訓練でした。
 午前の疲れを癒しながら昼休みを過ごし終えると午後の作業が始まります。今回の作業は「職場内でのコミュニケーション」がテーマのグループワークです。他の利用者の方々が積極的に発言されていた中、私は一言二言を絞り出すのに精いっぱいでした。とにかく焦っていて、何を話していたのかが記憶にありません。私の発言内容を覚えている方がいましたら教えてください。
 さて、午後の作業が終わり、掃除、業務報告を済ませると終礼が始まります。あー今日も無事終わったと気を抜いているところに、突然「トマトさん、今日一日どうでしたか」と質問が!!お休みモードに入っていたところでいきなり当てられ、返答がしどろもどろになってしまう事態に…全く無事ではありません。終礼が終わるまでが訓練です。最後まで気を抜かないようにしましょう。
 そんなこんなで体験最終日は失敗をたくさんした一日でした。それでも正規利用を決めたのは、「失敗しても大丈夫」な雰囲気がピークス神戸にあるからです。この安心感を頼りに今後も頑張っていこうと思います。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声