ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

【在宅訓練特集】その2 在宅訓練をしてみました

新型コロナウィルスの影響を受けてPEAKS神戸でも4月16日より在宅訓練が実施されることになりました。
 これはテレワークを知る良い機会になりました。
 今回は私がメリットに感じた部分とデメリットに感じた部分を書いていこうと思います。

メリット一覧
・移動時間が無い。少ない。
・周りの人や音を意識しなくても良い。
 ・休憩をより自分のスタイルで取れる。
・必要以上に緊張を感じることなく作業ができる。
・他人と顔を合わせないでコミュニケーションを取ることができる。

デメリット一覧
・誘惑が多い(食べ物、布団)
・人と会う機会が減るので少し寂しさを感じる。
・オンとオフの切り替えが少ししにくい。
・必要な緊張感もなくなった。

私の感じたこと
移動時間が少ないことは疲れやすい私には本当に良い方に働きました。まず睡眠時間が増えました。また私の場合は運動することは嫌いではないので移動時間が無い分、浮いた時間を筋トレやジョギングに使ったので、在宅訓練でも運動不足にはなりませんでした。
 また周りや他人を意識することや対人緊張がある私にとって、自分の部屋で、一人で作業することは集中しやすい環境でした。また疲れた時や昼休みに寝転んだり、筋トレをしたりと事業所ではできない方法で休憩時間を過ごすことができ疲労をさらに軽減できました。  
そしてなにより周りのことを気にしなくてよいので、匂いのする食べ物を気兼ねなく食べることができたのも嬉しかったです。
 職員さんへの報告連絡相談も電話で行うので、直接顔を合わすことがない上に、事前に内容を整理して台本を読むような形で報告できるので楽でした。
 デメリットですが、やはり家というのは食べ物も布団もあり、いつでも食べられるし、寝られるので誘惑に耐える必要があります。私はできるだけ視界にそれらが入らないようにして対処しましたが誘惑が無い環境の方が良いです。食べることが大好きな私には少ししんどかったです。
 また人と会えずに話をすることが減ったのは素直に少し寂しかったです。私は人と会話してストレスを解消することがあるのでそれができないのは少々辛かったです。
そして在宅訓練の一番のデメリットだと感じたのは、良い意味での緊張感がないことです。周りの目がないので、リラックスし過ぎてしまいどこか集中力に欠けることがありました。また電車に毎朝乗ることで「今日も頑張るか!」とスイッチを入れていた部分があったのでそれがなくなり、朝はスイッチが入りにくくなりました。
 いかがだったでしょうか。以上が私の感じた在宅訓練のメリットとデメリットです。私は在宅訓練を通して在宅訓練に向いている人は自己コントロール能力が高く、自分の性格や特性、能力的も合っている人だと思いました。
 私の場合は対人緊張が出やすい点や疲れやすいと自分の特性に対してはメリットがありました。しかし一方で自己コントロール能力が決して高くない上、パフォーマンスの波を大きかったです。
ですので、私自身は「週に1~2出社で残りは在宅が理想だなー」と思いました。そんな都合の良い職場があるとよいのですが・・・。
この様にテレワークを経験し、自分に合っているか考えることができたのは本当に良かったです。
また他の利用者とも情報を交換したり、「こんな人がテレワークに向いている。」ということをテーマでグループワークをしてみたいと感じました。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声