ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

漢字について

今回は「すすめる」の同音異義語について述べていく。そもそもなぜ漢字の同音異義語をとりあげる経緯についてですが、理由は単純に私自身漢字が得意なのと、「すすめる」は一番理解しづらいと感じたからです。理由を述べたうえで、「すすめる」という漢字は大まかに「進める・勧める・薦める」の三種類とされています。
 まず、「進める」は、人の行動・ものに対して前に行く、高い階級のときに用いられます。例えば、「位を進める」や「作業を進める」などといったものです。
 次に、「勧める」は人の行動に対してその人が行動しやすいように促す意味のときに使います。例えば、「ファンクラブ会員になるように勧める」などといったものです。
 最後に「薦める」は人やものに対して良いと思う理由を述べて採用する意味として使います。例えば、「この人は字がきれいだから、書記になるように薦める」などといったものです。
 まとめとして、同じ読みでも意味をちゃんと理解しないと、履歴書の記入や資料作成の際、一つの漢字の誤字で、相手の印象からして、常識のない人間だなと思われるリスクを伴います。漢字に自信がない人は辞書などを利用して、確実な理解ができるようにしましょう。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声