ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

初めまして…そして、さようなら

PEAKS神戸・訓練生のアクセル野郎です。今回、卒業記念としてここのブログに記事を執筆する事となりました。

実は小生、ブログなど書くのは初めてで最初は何を書いたら良いのか分からず、芸能人や著名人のブログなどを参考に見させて頂きましたが、どれも個性的過ぎて自分が書くとしたらという前提での材料にはなり得なかったので、自分なりに書くことにしました。

ここに入ったのは、忘れもしない昨年の3月8日。前職が2年目で契約を辞める事となり、年明けに明石市で発達障害者も対象に入れた障害持ちの市役所の職員を募集していると知り応募したものの、2人の採用枠に100人ほどの応募者が殺到し、競争倍率50倍もの試験となり、当初は筆記試験と面接が1日で終わる予定だったのに、日を分けて開催する運びとなりました。そこから結果が返ってくるまで時間がかかり、ここを利用する日程が決まったのは3月になってからでした。

前職に就く前も、いくつか障害者を対象にした職業訓練を受けており、障害者求人でもダメならどうしたらいいのだろうと途方に暮れてしまい、以前から度々相談に訪れていたJR灘駅前にある障害者相談窓口のカウンセラーの方に相談したところ、ここクロスジョブKOBEⅡ(現:PEAKS神戸)を紹介して頂きました。これまでの職業訓練は2か月や3か月など短期間のものばかりで、長期にわたって腰を据えてやる訓練はやった事がなく、ここらで自分の適性や障害の特徴を知るためにもやろうと思い入所しました。

入った当初は、自分一人で出来る範囲の事は全部やってしまっていたので、何をしたらいいのかさえ全く分からず、殆ど燃え尽きた状態で、将来の希望もあまりありませんでした。しかし、同じ利用者の先輩や後輩、支えてくださった職員の方々などの励ましで少しずつ立ち直り、実際の働く場で就業する職場実習なども行って経験し、そこで新しく発見した自分の長所や新たに見つかった今後取り組むべき課題などが判明し、自分に合った仕事や面接時にアピールするべき強みなどを見つけ出す事が出来ました。

自分の理想とするべき姿と、自分の特性と照らし合わせた最良の職種との違いに大いに戸惑った事もありましたが、訓練を通じてそれもまた運命なのかもしれないと思い、以前は納得がいかなかった事を、辛くても受け入れて前に進んでいこうと決意したのです。

そして、合同企業説明会で応募した5社が全て不合格に終わった事を聞き、面接や書類選考でよしんば通って内定を頂いても、それだけでは実際に働いた時に、もしも仕事内容が自分に合っていなかったら前職の二の舞になると思い、まずは職場で仕事を実習してからそこの会社に応募しようと決めました。そこで自分のやれるだけの仕事をして、あとは会社側がそれをどう判断するかを待つ身でしたが、合格なだけでなく実習中の身でありながら戦力として数えて頂けた事に驚き、「もうここしかない」「これからいつも通りの就職活動をしても、PEAKS神戸の利用期限である来年の3月上旬にまで、他の会社の内定が貰える保証はどこにもない上に、こんなチャンスは滅多に来ないだろうからここらで決めよう」と思い、ここに決める事にしました。

利用者の方々からもお祝いの言葉を頂き、修了式ではそれぞれの方が自分に抱いていた印象やそれに纏わる出来事やエピソードなどを振り返って頂き、私からも一人一人の方に自分からのメッセージや彼らに対する意見への返答などをさせて頂きました。中には、その時にお休みだったり出張中で不在だった職員の方もいらっしゃいましたが、最終日にそれを聞く事ができました。

最後に一言。ここに来たからこそ、自分一人だけの独力じゃ出来なかった事や分からなかった事も、職員の方と一緒に頑張れば今まで知らなかった自分の強みや課題を知る事が出来ました。PEAKSはプロの職員の方々が的確なサポートをして下さるので、就職や社会生活が上手くいかず悩んでおられる方々は是非ともここを利用してみてください。きっと活路は開く事ができます!

では、皆さんの将来に幸あらん事を!
Good Luck!!

アクセル野郎


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声