ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

付箋を使うようになって

 4月に入りやっと暖かい日が出てきたと感じている、ミルクティーです。最近、クロスジョブKOBEⅡ(以下CJⅡ)を修了した方や新しく利用開始した方が多く、雰囲気が少し変わったように感じています。

 今回は何を書くか迷っていたのですが、付箋[ふせん]の活用について書きたいと思います。私は付箋を使うようになって1~2か月経って、やっと使うことに違和感がなくなってきました。
付箋の使い方は主に2種類あります。
 1つ目の使い方は、忘れそうなことを付箋にメモをして、必要なところに貼り付けることです。テーブルやスマホケースなど必要なときに目に入るところに貼り付けています。そうすることで、後でやろうと思っていて忘れていたという事がかなり減りました。
 2つ目の使い方は、メモ帳に何をどこに書いたか分からなくならないよう、内容別に色を分けて書いた場所に付箋を貼ることです。例えば、青はブログの更新用のネタ、ピンクは自分のこと(障害特性や気を付けたいことなど)、オレンジはCJⅡでの訓練のこと、黄色はその他などです。色分けすることで、メモ帳に書いたことが忘れなくなり、どこに書いたかも探すのに便利になりました。
 使うきっかけですが、2つ目の使い方は前から便利そうだなと思っていました。でも、三日坊主な私が長続きするか不安なところもありましたが、実際使ってみると便利で後から見返すときに見やすく、気付けば続いていました。1つ目の使い方は、「やるべきことを忘れることがある」と、CJⅡの職員と話しているときに使い方の案として出てきたことがきっかけでした。

 付箋を実際に使ってみて変わったことがあります。いろいろなことを試すとお金はかかるものの、自分の障害特性をカバーできる工夫になるのであれば、必要なお金なのかなと思うようになりました。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声