ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

私がクロスジョブKOBEⅡで学んだこと

私はクロスジョブで1年9ヶ月の訓練を経て、めでたく、自分に合ったアパレルの仕事に就く事ができました。今回皆様には私がクロスジョブKOBEⅡ(以下CJⅡ)で学んだことをお伝えしようと思います。

発達障害の診断は中学1年生のときに受けました。はっきりとした診断名はついていないのですが、しいて言えば、ADHD(注意欠如多動性障害)に近いと思われます。
自分の障害はどんな障害なのか、どんな仕事が自分に合ってるのかが分からなかったため、学生時代の就職活動はしんどい思いをしました。その時にCJⅡに出会い、新たな発見や自分の障害としっかり向き合うことが出来ました。訓練をしてきて一番身に付いたことがあります。それは「自信」です。昔は自分の意見を言うことに抵抗がありましたが、今ではどんどん意見を言えるようになり、グループでの作業ではリーダー役を任せられるまでになりました。その「自信」がついた理由は利用者の皆さんとのコミュニケーションや関わりのおかげです。また、職員の方からもたくさんのアドバイスをいただき、様々な種類の訓練に挑戦させてもらえたからだと思っています。

今回アパレルの仕事に就くまで、改めて振り返ると長かったなと感じています。CJⅡに入所するまでは事務での就職を目指していました。しかし、訓練をしていくにつれ、事務の仕事は自分には合わないと分かり、作業系の仕事が自分には合うんだということが分かりました。次に、作業系の中でも特に「倉庫」や「ピッキング」の仕事がしたいと思い、複数の企業様で実習をさせて頂きました。実習をしていると特性のせいで難しい部分が出てくることが分かりました。今後しんどい思いをして働かなくてはいけないのかと考えてしまうと、やはりこれも合わないと思い、もう一度考え直すことにしました。その際に職員の方から「自分の長所である笑顔を活かせる仕事についてみては。」という意見をいただいたので、「笑顔」と得意としている「コミュニケーション」、訓練と実習で身に付けた「体力」を活かせる接客の仕事はどうだろうと思いました。ただ特性上、緊張してしまうと上手く話せないことがあるので、お客様の前で商品を説明する際にそんなことがあっては失礼になると思い、主に裏方の仕事であるバックヤードの仕事をしてみたいと考え、応募をしてみました。実習も9日間させていただきましたところ、本社の方から「今後一緒に頑張っていきましょう。」と採用のお返事をいただき、私はあまりにも嬉しかったので泣きそうになりました。今後は職場の方や会社に貢献できるよう、頑張っていきたいと思います。

最期に、今までの訓練や実習は無駄ではなかったんだと実感しております。また、私は訓練を一生懸命やって自分に合う仕事を見つけて、障害について知れて良かったと思っています。

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声