ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

自閉症文学のススメ(15)※最終回

皆様ごきげんよう、みっちゃんです。
まずは、当方の不手際により本掲載が大幅に遅延したことをお詫び申し上げます。
さて、本日で最後の講座になりました。それでは、本日の講座を行います。
Lektion30:自己紹介と自己実現、そして。
 物語を作るという行為は自己紹介に似ています。素材はすでにあるでしょうが、そこに自分の想念という触媒を経て作品を召喚する行為、それが創作です。その表現方法が文章なら小説に、絵なら漫画に、音楽なら歌に、プログラミングならゲームになるというだけの違いにすぎません。それを表現方法の違いだけで差別するという行為がどれだけ愚かしいか、どれだけ傲岸に満ちた行為か。これを読んだ方ならわかっていただけるとは思います。ましてや小説の中でも、まあそもそも小説という言葉自体が差別用語なわけですが、優劣をつけて一定の型式しか許さない行為、それがどれだけ表現を馬鹿にしているか。
 しかし現実は非情です。そういった愚劣蒙昧な輩がのうのうと蔓延り、本来崇高とされるべき生産者である作家が嘲弄されているのですから。作家とは何もないところから何かを作り出し、等価交換やエネルギー保存の法則すら乗り越える偉大なものであり、石油交換率から言えばよほど効率的にふるまえる想念者であるにも関わらず、です。
 しかし、逆に言えばそういった作家は一握りでしょう。大半の作家はその愚劣蒙昧な輩に迫害され、夢破れて去っていきます。それがどれだけ天唾である行為かは最早述べました。しかし、それが現状なのです。と、いうわけで。そろそろ最後の質問に移りましょう。
Lektion31:最後の問い
 はっきり言いましょう、作家になるのは並大抵の努力では不可能です。しかも努力以外にも天運や才能を必要とします。
 魔法陣グルグル2に曰く。「大人になっても子供として何かを成す者はいないわけではないが、そっちはそっちで厳しいぞ。勉強よりもよっぽどな!」とあります。これはおそらく衛藤ヒロユキ先生の本音でしょう。事実、魔法陣グルグルという前人未踏の大成果の続編を作るわけです。衛藤ヒロユキ先生のような伝説の英雄ならまだしも、並大抵の凡夫ならば普通に失敗して終わりでしょう。何もない荒野を気儘に開拓するのとはわけが違います。すでに領土乱立する中を乗り越えて成功作を作る。はっきり言って人間の所業じゃありません。しかし、衛藤ヒロユキはそれを成した。前例を作ったのです。
 しかし!それは衛藤ヒロユキという神を超えし伝説の英雄だからこそできる所業。私を含めたその辺の凡夫が真似をできる所業ではありません。それを前提に置いた上で以前聞いたことを今一度、尋ねます。それでも貴方は作家を目指しますか?

Last Lektion:それでは、PEAKSで!
 と、いうわけで。いよいよこの自閉症文学講座も最後の時が迫ってまいりました。先程の質問にはいでもいいえでも構いませんが、それに答えたからなんだというわけでもありませんが、何かの参考にはなったと私は信じさせていただきます。PEAKSはいつでも発達障碍者に門戸を開いています、そこで本人に会いたいと思うなら、何卒お尋ねください。
 それでは、PEAKSでお会いいたしましょう!


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声