ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

再チャレンジを終えて

前回の利用で今までの自分と向き合い、働く自信を持ち、障害者雇用での就職を遂げました。所長が言う通り、働くことは楽しい事ばかりでなく大変でした。大変な中でも、自分にできることを見つけ、頼りにしてもらうことで生きる自信になりました。しかし嬉しい反面、月1回は体調を崩していたのが実情でした。家族に生活面はサポートしてもらってばかりで、母親の体調が悪くなって始めて「この生活は続かない」と、現実を受け止められました。働いて3年と少し経ち、自分で生活面もやりくりできるよう働いていこうと、会社に働きかけましたが、自分が頑張りすぎて自分の「困り」具合を分かってもらえなくなっていました。退職することには、ネガティブなイメージがあったので、ギリギリまで悩みました。しかし自分としては発展的に捉えて、新しいステージに進もうと退職を決めました。
9月中旬よりPEAKS神戸を利用させてもらえることになりました。私としては前職を発展的に辞めたのだから、しっかりと1度振り返り「出来たこと」「出来なかったこと」を、次に繋げたいと思いました。その為にも変わらずにお世話になり、見守っていてくれたPEAKS神戸を利用しようと至りました。訓練では前職の振り返りを第一にして、経理事務補助しか経験がなかったので、経理以外の事務を体験できるよう実習を入れてもらいました。
前職の振り返りは、自分の障害特性を再認識することが出来ました。そして再認識することだけでなく、1つ1つの実際に行っていた仕事を振り返ることで、当たり前と思ってしていた仕事ですが「ここまで頑張れていた」と思えることもあり、自分の進歩を感じることが出来ました。実習では職歴が前職しかなかったこともあり、他の職場環境を知ることが出来て良い経験となりました。また経理補助以外の仕事も体験でき、周りに迷惑をかけることなく最低限のことは出来たので自信となりました。PEAKS神戸での5ヶ月と少しの間、振り返りや実習以外でもビジネスマナーでは、働いている間にいい加減になっていたマナーについて復習できました。グループワークや普段の仲間との交流では、積極的に周りに話しかけました。話しかけて交流を持つことで悩むこともありましたが、色んな人の意見を聞けました。人の輪が広がることで、励まされ助けられてパワーをもらえました。協調性を学ぶことも出来ました。
この度、無事に再就職出来ることとなりました。しかし私の目標は、仕事が出来たらいいのではなく「仕事と生活の両立」なので、これからが本番。仕事だけでなく悩むことは日々ありますが、何とかなるし、何とかしていけそうな気になれました。それは実習を通して会社を知れたことと、周りに助けられながらも、スモールステップを踏んでこれたからだと思いました。自分の健康を第一にして、細く長く働いていきたいです。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声