ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

職場実習の環境美化整備業務を振り返って

 私はPEAKS神戸を利用してから、11か月経過しているダブリンといいます。
 今回は5月下旬に行なった職場実習について振り返ってみたいと思います。

 実習場所は学校で、環境美化整備業務を5日間、9時から15時までさせて頂きました。初日は草刈り機の使い方から教えて頂きました。今まで、草刈り機を使った事がありませんでしたが、事務員のHさんとTさんから草刈り機の起動の手順を実際にして見せてもらった事で解りやすかったので、真似て草刈り機の起動をする事が出来ました。コツが必要で、始めはうまく出来ず手伝ってもらっていましたが、慣れてくると一人でも出来る様になりました。
 次は、起動させた草刈り機を使って除草作業を行いました。やり方は草刈り機の刃の回転が反時計に回り、自分の体を中心に右足を前に出しながら右から左へ除草をしていきます。そして、腰が左にねじ込めなくなったら、草刈り機を持ち上げて右から左へと再び除草をします。理由は刃が左から右へと草刈り機を移動させたら草刈り機のモーターが故障してしまう可能性があるためです。作業内容の説明だけでなくそういった理由も教えてくれたので、納得して作業に取り組めました。他には、側溝に蓄積されている落ち葉やヘドロをかき集める除去作業も行いました。この作業についても、道具の使い方とコツを覚えると問題なく作業を行う事が出来ました。側溝の清掃は蓄積した落ち葉やヘドロを取り除くのが大変でした。
 実習期間中、1日だけ雨が降った時に、穂先が傷んだ自在箒の先端を外す作業とトレーニング室の清掃などを行いました。時間を意識し集中して取り組め、問題なく終えられて良かったのと狭い所で器具に頭をぶつけたりしたので気を付けようと思いました。

 学んだ事は、自分が行う作業に対してやり方が解らない時は、相手の説明を素直に聞く事や自分で判断ができない時は、相手に相談する事を学びました。

 成長できた事は、始めは指摘やアドバイスを素直に聞き入れる事が出来ませんでしたが、客観的な視点や受け手の思いを聴く事によって自分で気づき、考え方を改める事と聴き入れる事が出来ていきました。

 実習中の目標について8つの目標を立てていましたが結果、4つは達成し4つは達成できませんでした。達成した目標は、「①解らない事があれば、質問をする。②指示理解は必ずメモを取り、内容があっているか復唱確認する。③簡潔な報連相を行う。⑤職場環境及び作業内容が自分に合っているかを確認する。」でした。
 達成できなかった目標は、「④働く上での課題を知る。⑥相手の話を遮らない。⑦現状のスキルを確認する。⑧指摘やアドバイスは素直に受け入れる事(始めの方)」でした。

 実習前は体力の不安がありましたが、2時間に1度小休止を入れる事で終日、野外作業が出来る事が判りました。

 課題は、最終日に行った振り返り時に相手の話を遮ってしまったり、質問された事ではなく、自分の言いたい事を優先し、話がかみ合わない事がありました。
 事前に私の障害についてまとめたモノを先方に提出し、それを踏まえた上で接して頂きました。こういう配慮をして頂けたら、問題なく働けるという事が解り、自信に繋がった事と、改めて課題が明確になり、シッカリと自分を見つめ直す事が出来ました。
 今回の実習を通して、自分の課題を認める事、出来なかった事をそこで諦めるのでなく、徐々に出来る様にする努力は常に必要だと感じました。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声