ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

実習の振り返り

 9月13日から21日までの一週間、スーパーで実習をさせて頂きました。
 実習内容は、デリカ部門で寿司の製造に携わりました。にぎり8貫(菫)サーモン三種盛りがメインでした。初日は、パートの方にネタの向きや海苔を使った物はネタに付かないように最後に作るといった手順やキュウリの扇開きという開き方や海苔の裏表なども教えて頂きました。
 左にシール、右にしょうゆをつけてシールをし、出来上がった商品にラベルを出して貼って陳列をしました。陳列にもルールがあって古いものは左側もしくは上に重ねるそうです。
 昼からも同じものを5パックずつ作って残りのネタは単品で作りました。それが、一日の流れでした。
 困ったこととしては、すべてメモに取ることができずに細かい部分は感覚で覚えないといけない部分というのが多かったのでそこが大変だったように思います。ただ、パートの人達に丁寧に教えて頂けたので体である程度は覚えることができました。
 また、2日目からは時間の余裕もできて5種の海鮮丼やマグロネギトロ丼、温玉ネバネバ丼なども作らせてもらいました。基本、指示書があったのでその通りに作ればいいのですが3日目くらいから自分でネタの準備をするように言われ特にサーモンの区別に困り、何度か確認で聞きに行き教えてもらいました。三連休明けの火曜日は、休み明けという事もありはじめアルコールの消毒の抜けやネタの向きが逆になってしまうこともありましたが、少しして思い出したのか問題はなかったです。火曜日限定の6種のにこにこという商品を作ったのですが、指示書と並びが違うという事だったので並びを教えてもらいしっかりメモに取ることができたので同じことを聞きに行くことはなかったです。
この頃からか、商品を作るスピードが上がり時間が余ったりしていたのでこの日は少し残業して水回りの清掃の手伝いもできました。お役に立てて良かったです。
 最終日も特に問題はなく、店長とは休憩中に何度かお話をさせて頂いた内容で「うちで働かへん?」など具体的な話やブドウが腐ってたとお客様から問い合わせがあり謝りにいかないといけないなどの話をして頂きました。話しやすく、楽しかったです。
 最後の振り返りでは、チーフからスピードについて指摘をしていただきました。確かに他の慣れてるパートさんと比べると遅かったように思います。でも慣れればもっと早く作れるようになれるとも思いました。
また、店長からは次のステップの話をして頂きました。巻き寿司を作れるようになって全体の流れを把握してから商品の発注や在庫の管理などもどうかと提案して頂きました。そこまで、高く評価して頂けて嬉しかったですし自信に繋げることもできました。
 また、6時間は働けると確認できたこと、店長やチーフ、パートの人たちと仕事上でのコミュニケーションやちょっとした世間話をできて本当に得るものの多い良い実習になりました。
今後は、指摘されたスピードについて意識を高め、どのような仕事も早く出来る様にしていきたいです。ただ、障害の特性上初めての作業は抜けてしまったり忘れてしまったりすることがあるのでしっかりメモを取って間違えのない仕事の進め方を心掛けたいです。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声