ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

虐待防止委員会規定


委員会の目的

第1条

虐待防止委員会は、利用者の安全と人権保護の観点から、適正な支援
が実施され、利用者の自立と社会参加のための支援を妨げることのないよう、定期的に又は適時、委員会を開催し、虐待の防止に努めることを目的とする。

委員会委員の選出

第2条  委員は以下のとおりとする。


  1. 委員長は、理事長とする。
  2. 委員には、PEAKS六甲、PEAKS神戸のサービス管理責任者等を加える。
  3. 委員には、法人監事を加える。
  4. 委員には、利用者の代表を加える。

委員会の開催

第3条  委員会の開催を次のとおりとする。

  1. 委員会は、年最低3回以上開催する。
  2. 会の開催の必要があるときは、委員長が招集し開催する。
委員会の実施

第4条  委員会は次のとおり実施する。

  1. 職員倫理綱領を職員に周知し、行動規範とするよう啓発する。
  2. 「虐待の分類」について、職員に周知することと、定期的な見直しを行い、疑いのある項目を足していく。
  3. 「虐待を早期に発見するポイント」に従い、「虐待発見チェックリスト」結果による調査を必要あるごとに実施する。
  4. 上記の実施した調査の結果、虐待や虐待の虜があるときは、虐待防止受付担当者に報告する。
  5. 虐待防止に係る研修を年1回以上行うこととする。
  6. その他、法令及び制度の変更のあるごとに委員会を開催し、規定等の見直しを行うこととする。
委員会の責務

第5条

  1. 委員会は、虐待が起こらないよう事前の措置として、職員の虐待防止意識の向上や知識を周知し、虐待のない施設環境づくりを目指さなければならない。
  2. 委員は、日頃より障害者総合福祉法や障害者の権利宣言等の知識の習得に努めるだけでなく、人格の向上にも努めるものとする。
  3. 委員会の委員長・委員は、日頃より利用者の支援の場に虐待及び虐待につながるような支援が行われていないか観察し、必要があるときは職員に直接改善を求めたり、指導することとする。
  4. 委員会は、その他の各委員会とも連携をとり利用者の虐待の虜のある事案や支援等に問題がある場合は、会議を開催する等、虐待防止の対応・対策及び改善を図るものとする。
その他

第6条

苦情及び説明・同意については事業所の利用契約書及び重要事項説明書に準拠し対応する。

雑則

第7条

この規程に定めるもののほか、委員会の運営に必要な事項、虐待防止上必要な対応については、委員長が委員に諮り、理事会にて協議し定めるものとする。

附 則 この規程は平成27年3月1日から施行する。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声