ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

合同面接会と就職への思い

 あっという間に10月、2017年も残り3ヶ月ほどになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?lowerでございます。

 そんな私ですが、去る9月に合同面接会に行ってまいりました。昨年は「見学者」として、修了生の方の勇姿を見守っていたのですが、今年は「応募者」として、仲間たちから見守られる立場となっていました。また、私は某人気企業2社の事務職希望で、面接に挑戦しました。

 私は、この面接会以前にも面接を経験しており、その度に自分の面接と向き合ってきました。良かった点は次回に活かし、反省点は改善するといったことを繰り返してきました。そんな中で、退職理由や障害のことといった質問がよく出るなどの傾向や、身だしなみはじめ声を出したり、姿勢を正したりといったたくさんの大切なことを学びました。そこで、発表や電話当番の経験が生きたことも感じさせられました。

 残念ながら、今回は2社とも結果は芳しくはなかったのですが、自分の中では少しずつ自分の面接ができつつあることを感じられたと共に、また一つ自分の成長のきっかけとなりました。「面接経験者」としての自覚を持ち、次回の面接も今回の経験を大切にしていきたいと思いました。

 そして、今回の面接会を含めて面接を受ける中、自分の心の中に就職に関わる思いがたくさんあることにも気づかされました。長らく障害に気づかず、今までできなかったことをとことんやりたいという思い。早く自立して両親を楽にさせると共に、私より重い障害を抱える弟の一つの成長のきっかけになりたいという思い。亡き祖父にしてあげられなかったことを果たしたいという思い。就職を決めたらIT会社時代の友人に会いたいという思い。そして、PEAKS神戸の訓練を通じて持てるようになった夢や希望を果たしたいという思い。

 私は入所以来訓練や職場実習など順調に経験してきただけに、初めて行き詰ったような日々が続いていますが、それらの思いもあってかなんとか踏ん張れている今日この頃です。また、これまでの修了式の光景が今も私の心の中に焼き付いています。私もこれまでの修了生に続けるよう、最高の修了式を迎えられるよう精進していきます。そして、就職して思いを果たしていきます。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声