ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

ピークス神戸を利用するまでと利用してから

 僕は二十歳男です。
 アスペルガー症候群があり療育手帳を所持しています。
 高校は三田市にある兵庫県立高等特別支援学校を卒業しました。高特を卒業後、明石市の工場に就職しました。就職が決まった時は正社員で雇用してくれる会社に就職が決まって嬉しくてたまりませんでした。
 仕事も最初は順調でした。ですが、入社して1年くらい経ってから上司や先輩からいじめやパワハラを受けるようになりました。そして体調を崩しました。わずか1年4カ月で退職しました。退職後、約3ヵ月自宅で療養してジョブコーチと母親と4か所の就労移行支援事業所の見学に行きました。
 その中で3か所体験に行き、ここピークス神戸が自分に合っていると思ってピークス神戸の利用を決めました。なぜピークス神戸が気に入ったかというと、発達障害に理解があるからです。人それぞれ特性は違いますが、ここの施設は個性的な僕でも受け入れてくれて皆さんがとても親切に接してくれます。もう一つは、職員が丁寧に作業の説明をしてくれるからです。
 体験初日で仲良くなった人もいてとても居心地の良い環境です。
 これから就職してもピークスのように職場も居心地が良かったらいいなと思いました。
 そして体験から約1ヵ月後、ピークス神戸に入所しました。
 小野市のド田舎から神戸のような大都会に来るのは正直、治安の面などでも不安はありました。それと殆どの人が大卒や高卒で、僕は特別支援学校高等部卒なので、訓練でついていけるか不安もありました。ですが、実際はそんな不安も一切無くなる程、訓練の一つ一つの作業も楽しくてやりがいがあって、毎日ピークスに来るのが楽しいです。
 今では高特の同窓会長をしています。もし、後輩や卒業生に仕事で悩んでる人がいたらピークス神戸を教えてあげたいです。
 僕は同窓会長の立場なのでどん底に落ちたけど、いつか「ピークス神戸で訓練して良い就職先が見つかった」と高特生に言えるように訓練を頑張りたいです。

 ピークス神戸での訓練は充実していますが、もちろん僕にはたくさんの課題があります。
 初対面の人に個人情報を聞いて他の利用者や職員に注意されることもあります。
 年齢や生年月日や血液型や交際歴や視力など初対面で聞くべきじゃないことを聞いて注意されることが多いです。この課題を無くすためには最初からこのようなことを聞かず、世間話などから仲良くなって自然とこのような話ができる関係になるようにしています。
 あとは僕は免疫力が弱く、風邪を引きやすいです。咳をしてもマスクを着けず、周りの人を不快にさせてしまうことがあります。今は「咳エチケット」という言葉があるので、風邪の時や感染症が流行っている時はマスクをするようにします。
 前職で辛い思いをしてとても悔しいです。でもその出来事があったからピークス神戸の人に出逢えたと、今はポジティブに考えています。
 毎日一日一日の訓練を真面目に集中して取り組んで、一日でも早く就職できるようにしたいです。
 就職してからも長く働き続けられるようにここでの訓練をしっかり頑張りたいです。

生粋の小野市民


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声