ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

就労定着支援で同じ職場で長く働き続けるための下地作り

就労定着支援で「同じ職場で長く働き続けるための下地作り」をしてもらいました

 私は5年前の2016年11月にPEAKS六甲の職員さんの紹介で、今の職場と出会うことができました。職場では体験実習を実施し、2017年2月にトライアル雇用を経て、それから3か月後の2017年5月には正社員として採用されて現在に至っています。
 最も不安定で大変だった職場体験実習の時期には毎日、仕事の振り返りを電話で報告し、仕事場で困った事や悩んでいる事などの相談に乗って下さいました。

採用後は、PEAKS六甲の就労定着支援(定着支援)を3年間受け続けました。毎月1回、仕事が終わってからPEAKS六甲に訪問して、①仕事を続けるにあたって職場環境の現況、②仕事内容や勤務状況、③体調の変化等について様々な相談をしていました。定着支援ではその場できめ細かな質問が並んでいるアンケート用紙に記入して、記入した用紙を元に職員さんと面談をしてもらっていました。

定着支援を3年間受け続けてきた事で、「今の職場で長く働き続けるための下地作り」をしてもらうことができたと思っています。定着支援期間中は、①仕事中に体調が悪くなった時の対処法や②しんどい時の気持ちの切り替え方、③ストレスを受けた時に物事を良い面で捉えていく発想転換法(リフレーミング)など、今の職場でその場ですぐに実践できる様々なアドバイスをたくさんしてもらいました。お世話になった職員さんの温かい支援には心から感謝しています。ありがとうございます。

今の職場に就労して3年間は正直なところ、体調面・精神面が不安定で、休んだり遅刻したりすることも多かったのが事実です。しかし、毎月1回、定着支援を受けて今その時の状況を定期的に報告・相談ができ、また、相談の場所があるという「安心感」は今から思えば本当に大きかったと思います。

 体調・精神面、仕事面で安定した結果、私事ではありますが、昨年の2020年4月に入籍し、10月には結婚式・披露宴も挙げて、新しい家庭を築き上げることもできました。妻や妻のご両親のバックアップもあり、就労定着支援が終了した後でも体調の悪化で休むことはなくなり、今の職場環境でずっと働き続けることができています。妻の支えのおかげで生活面が安定してくると、仕事での体調面や課題だった日常生活のリズムなどもグッと安定してきました。日々支えてくれる妻には心から感謝しかありません。

 働いている職場では、私が就職した直後にPEAKS六甲でよく知っている後輩(就業4年目)も入社し、彼とは同じ職場で4年間、一緒に働き続けています。仕事場では、二人で「お互いに今の職場でどれだけ長く働き続けることができるが大切だね!」とよく話をしています。同じPEAKS六甲の修了生ですから、ある意味でとても貴重な存在ですし、これからも仲良くし続けたいと思います。

タイトルにある、「同じ環境で長く働き続けるための大切なポイント」ですが、他愛もない何気ないような内容で良いので、①信頼できる人に話せる場所と時間を設けてもらって相談したり、②昼休みや仕事の合間に信頼できる人に話したりする事が肝心ですね。そうするとストレスを一人で抱え込まないで、自分自身をグッと楽にする事ができます。「信頼できる人に話す=よく相談する」事が上手くストレスを軽減することができるのを知ったのも、PEAKS六甲の定着支援の面談の場でした。今ではこれが長く働き続けるためには最も大切な事なのだと、自分の心の中でストンと理解することができています。PEAKS六甲で就労定着支援を受けて本当に良かったです。温かく見守ってくださり、ありがとうございます。

私自身も毎日、着実に一歩ずつ前進していきたいと思います。心から感謝、感謝です。

 修了生S・T


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声