ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

ピークス神戸の利用を終えての感想

 僕は令和元年9月18日(木)・19日(金)にピークス神戸に利用体験に来ました。
 ピークス神戸の人はすごく親切で初日の昼休みから仲良くなれました。
 体験でやった作業内容もすごく自分に合っていたので、早く入所したくなりました。
 その後、令和元年10月10日(木)に入所しました。
 神戸は幼い頃からの憧れの街だったので神戸に通えることも嬉しかったです。神戸の街のエキゾチックな雰囲気が大好きです。
 入所初日の令和元年10月10日(木)は朝起きた時から嫌な予感がしました。「今日、神戸に行くのがなんか怖いなあ」と思いました。
 午後、職員さんと契約をしていたら、ものすごい音のサイレンが鳴りました。
 帰ってニュースを見ると、すぐ近くの花隈で暴力団の発砲事件がありました。嫌な予感がしたのは、そのことだったのかと思いました。
 それから少し神戸のような大都会を歩くのが怖かったです。
 入所して1ヶ月が経った頃、なかなか治らない重度の風邪になりました。コロナなんか世の中になかった頃です。今はマスクを着けるのが当たり前ですが、この頃はマスクを着けることに抵抗がありました。病院に行ってもインフルエンザの検査では陰性で、疲れやストレスなのかなと思いますが、はっきりとしたエビデンスがありません。
 その時、咳が酷かっても「マスクを着けなさい」と言われるまで着けなかったことは良くなかったと思います。咳が酷い時はマスクを着けるのがマナーだということを学びました。そのようにピークス神戸では一つひとつ社会人として大切なことを学ぶことができました。
 その後、令和2年1月から新型コロナウイルスが蔓延し始めました。
 予想外のことでした。今まで当たり前だったことが当たり前じゃなくなりました。
 どこに行くのにもマスクを付けないといけなくなりました。
 ピークス神戸でマスクを全員着用するルールができたのは、令和2年4月上旬です。
 昼食時も他の利用者と会話してはいけないというルールもありました。昼食時に話ができないのは寂しいことですが、これもルールなので仕方ないです。
 同年4月上旬~5月下旬まで在宅訓練がありました。自宅でできるパソコン作業や家の手伝いなどをしました。ピークス神戸の仲間と1ヶ月以上会えなかったのは寂しかったです。でも家で一人で黙々と訓練をするのは良い経験になりました。
 ピークス神戸での訓練が再開されて、同年9月に自動車産業の面接を受けました。仕事内容は自動車部品の製造です。その面接は採用定数1人で応募者が9人いました。結果は不採用でした。終礼の感想では「100%採用されます」と宣言したのに不採用で残念でした。 
 その後、令和3年3月に製造会社の面接を受けました。仕事内容は金属加工です。即採用でした。修了式ではとても喜んでピークス神戸の仲間に報告していました。ですが、入社してから精神的に体調を崩して3日で退職してしまいました。三日坊主です。3日で退職してしまった理由は怖い人が多く感じたり、従業員の播州弁がキツくて怖く感じたり、メモを取らずに作業を進めて指摘されて落ち込んだり、仕事量が多くてプレッシャーを感じてしまい、精神的に体調を崩してしましました。
 同年4月1日にピークス神戸に戻って来ました。トライアル雇用で就職したので、戻って来たけど再利用ではありません。
 三日坊主だったことを反省して訓練に取り組みました。
 今後は怖い人がいた時も挨拶や必要最低限の会話はしたり、メモをしっかり取って仕事するように頑張ります。
 同年7月15日に物流センターの面接を受けました。仕事内容は倉庫の商品陳列、ピッキング、梱包作業です。
 僕は就職活動をする中で土日祝日が休みの会社を希望していましたが、良い職場を見つけるためにそのようなことは拘らなくなりました。物流センターはシフト制です。
 8月4日(水)に僕の修了式がありました。
 ピークス神戸の皆さんにはいろいろと心配をかけましたが、修了式でこう言いました。「今回職場定着すれば、体調不良や不祥事などのさまざまな困難な状況に打ち勝った証と言えるでしょう」と言いました。
 ピークス神戸の皆さんの期待に応えられるように頑張ります。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声