ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

「PEAKS神戸で私が得たもの」

PEAKS神戸に通って既に2年近くになりますが、その間にいくつかの気づきや成長を得ることができました。
期間の満了が近いことに加えまもなく就職できそうなところがありPEAKS神戸での訓練終了が近いということもあるので、今回はそのことを書こうと思います。
なおPEAKS神戸に通う中で得られた物質的なものとしては神戸の街での訓練時間後のショッピングで得た大量のCDやDVDや本などの娯楽品にいくつかの珍しい体験などがあるのですが、今回はあくまでPEAKS神戸で得たものなので割愛します。
まずこの訓練所で私が得たものとして大きかったのは、精神的な安定でした。
この訓練所に来る直前というのは私が精神的に最も安定していなかった時期であり、言えばうつ病に片足を突っ込んでいた時期でもありました。
毎日のようにどこかで理由もなく泣いていましたし、先のことを考えると不安と恐怖でいっぱいになって仕方がありませんでした。
そんな中で縋り付くようにPEAKS神戸に通い始めることになったのですが、娯楽や発見のふんだんにある神戸の街へ毎日行くということがモチベーションと楽しみになった上に訓練を受けることで毎日の生活リズムが整い通勤などで運動をするようになったこともあってか、自分の精神状態は少しずつ安定していき不安も和らいでいきました。
今では泣くようなこともあまりありませんし、ふとよぎる不安にも対処できる程度には慣れるようになりました。
ここでの訓練を終えて就職すればまた不安になったり心配事ができたりはするでしょうが、以前と違い今回はある程度のノウハウがあるので対処していけるといいなと思っています。
 次にここで得られたもので大きかったのは、おそらく自分の障害への理解でしょう。
ここに来るまでの自分にとって自分の障害というものは漠然とした存在感こそあるもののその実態がつかめないという言うならば得体のしれないものであり、脳裏に巣食う怪物であり、背にあるゆえに見えぬ十字架でした。
一応医師からは障害の内容がどういうものかということの説明を受けてはいましたが、それも自分では当初しっくりくるものではなく実感もあまりありませんでした。
しかしながら訓練を受ける中で職務の遂行や報連相などのやりとりの中で自分の課題というものが見えてくるようになり、それが私の障害と結びついていることが分かったのです。
これは診断書にも載っていなかったことであり、家庭内でも見過ごされていたことでした。
こういったことがわかったのも訓練所に来ていたからであり、つくづくここへ来ていたことの有意義さを再認させてくれるのです。
そしてここで得られたもので変わったものとしては、食べる速さがあります。
自分は自他ともに認めるレベルで食べるのが昔から遅く、食事に1時間かけることが日常でした。
もちろんその方が良く噛んで食べることになるし早食いよりもマシなのですが、そのせいで学校の給食時間や職場の昼休みではよく食べきれず残念な思いをしていました。
そして就職してからも今のままでは苦労するだろうということになり、訓練所及び自宅で食事を一食につき40分をめどにとるよう訓練することになりました。
そのかいあって今では一食40分のペースで米粒1つ残さず食べられるようになり、心地よく完食して昼休みの残り時間を過ごせるようになりました。
これについては自宅でも訓練をしていますが、これが課題になるという気づきをくれ改善の機会をくれたのは訓練所でした。
ですからこれも、訓練で得たものに入るのでしょう。
 他にもPEAKS神戸で得られたものはたくさんありますが、延々と書き続けるとあまりに長くなってしまいそうなので割愛することにします。
とにかく、この訓練所で得たものは自分の成長につながるものであり、自己理解を深めるものでした。
別にこの訓練所の宣伝を買って出たわけではありませんし訓練所選びは個人個人の事情に基づいて行われるべきだと考えている以上、このブログを見ている人にこの訓練所に通うようマーケティングするつもりはありませんが、少なくとも自分はこの訓練所に通っていて良かったと思っています。
そしてこの記事がいつブログにアップロードされるのかは分かりませんが、少なくともこの記事を書いている時期では2週間以上最終日までの日が残っていることになっています。
この日々の中で私がこれ以上に得られるものは何なのか、そしてそれが私をどう変えてくれるのが、それが今からも楽しみです。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声