ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

自分の特性を理解する

こんにちは、先日胃薬と間違えて睡眠薬を飲んでしまったトマトです。結果、生活リズムが狂ったことで体調を崩してしまい、ピークスを欠席してしまいました。上記もその一例なのですが、私は思い込みが激しいことが特性です。今回は自分の特性についてお話したいと思います。

思い込みが激しいという私の特性はピークスの訓練でも出ており、作業を誤った自己解釈で進めてミスをしてしまうことが多々あります。ピークスでは月末に来月の目標を決めるのですが、私の場合は必ず「思い込みによるミスを減らす」という目標が入って来ます。現在皆勤賞のこの目標をなんとか達成すべく(私自身は皆勤賞を取ったことがありません、いつか取りたいです)、何か良い方法はないかと考えていたところ、先日行われたグループワークで解決の糸口が見えました。

グループワークでは、「情報を受け取って行動に移す」間の過程に注目することで、自分の特性が表れる原因を分析しました。結果、思い込みが強い原因の一つとして、視覚的な情報量が多いものを判断する力が弱いことが挙げられる、と分かりました。例えば、文字がびっしりと書かれているマニュアル等を読む際、周囲の文字に意識を取られてしまうことがよくあります。それが原因で気が散ったり必要以上に疲れて文字を読み落とし、思い込みに繋がってしまいます。また、分析結果をもとに対策も考えました。今後文字を読む際には、指を添えて今読んでいる箇所に注意が向くようにしたり、読んでいる箇所以外を隠して目に入る情報量を減らすことを意識しようと思います。

このように、自身の特性を情報処理過程に注目して分析する、ということをPEAKSに通うまで意識したことがなく、今回のグループワークは非常にいい機会となりました。自分の特性を理解することは、就職するにあたって非常に大事なことです。今後も定期的にこの作業を行い、自信の特性への理解を深めていこうと思います。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声