ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

職場実習を終えて(リリー編②)

こんにちは。2回目の投稿になります、リリーです。今回は以前の記事の続きで、職場実習を終えての気づきをブログに記したいと思います。
私は今回の実習において、普段のPEAKSの訓練では知り得ないことをたくさん学ぶことができました。その貴重な経験の一つに電話応対があります。実習前にPEAKSで社用携帯などでの練習は数回おこないましたが、実際にPEAKSにかかってくる電話には出る機会はありませんでした。そのため、外からの電話に出るのは実習でぶっつけ本番でした。1日目は複数回電話がかかってきましたが、初日の緊張でそれどころではなく、他の職員さんが出てくださりました。1日目電話に出れなかったことが私にとっては「できなかった」という大きなしこりとなり、初日帰宅してからは落ち込んで少し引きずりました。しかし引きずってばかりではいられないので、2日目は1回でいいから電話をとろう!ということを目標に出社しました。そしてその旨を実習受け入れ担当のKさんにもお伝えしました。するとKさんは丁寧にその日の職員さんの出社状況と内容や場合別のセリフを考えて書いてくださりました。2日目は電話がほとんどならず、やきもきしていたところ、退社20分前にようやく電話がかかってきて、「私、でます!」といって勇気をふりしぼってでることができました。その後結局3日目も電話はかからず、3日間で1回のみとなりましたが非常に良い経験をさせていただきました。
電話をとることは一般的に学生から社会人になるタイミングで初めて経験するという人が多いと思います。人それぞれではありますが、電話をとることが大したことではないという人もいらっしゃると思います。しかし私にとっては大ごとで、それをPEAKSおよび実習先では無下にせず、丁寧に方法を考え、支援していただけるのは本当にありがたいことだと思いました。
最後になりましたが、実習を受け入れていただいたNPO法人しゃらくさんには多大な感謝を申し上げます。そしてこの経験を就職につなげていけるように、これからも私自身頑張っていきたいと思います。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声