ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

PEAKS六甲を振り返って

 皆様、お元気でしょうか?零です。
 この度、就職が無事決まりました。
PEAKS六甲を修了にあたり色々な事を振り返っていきたいと思います。
私が入所したのは、令和元年5月でした。
 前職で自身の能力不足から様々な部署の業務をさせて頂いたのですが適性が合わず、退職に至った事から自信を無くしてしまい、「どうすれば良いのか」「果たして仕事に就けるのか」等の不安がありました。
 PEAKS六甲は作業を担当職員と一緒に決めていく形だったので自身の得意、不得意を訓練の中で学習しながらどんな仕事が自分に向いているのか、どんな配慮を頂ければ、より長く安定して働けるのか少しずつですが自分と向き合いながら習得する事が出来ました。
 同じ「発達障害」を持っている仲間がいる事もとても支えになりました。悩みを共有できる仲間がいる事も心強かったです。
 訓練も、品番チェックやカタログ等の座位作業、郵便仕分けや名刺分類等の立位作業、ExcelやWord、アビリン等のPC作業、ビジネスマナーやグループワーク、実際の企業で利用者が就労体験するグループ就労等がありました。
 通所も最初は電車等の乗換間違いや遅延等で、大変だった頃もありました。予定外に弱い私は臨機応変に対応するのが苦手でした。しかし、訓練をする中で少しずつ場面毎の選択肢も増えてきて少しずつ柔軟に対応する事が出来てきました。
実際に働く中で必要な拭き掃除、ゴミの回収、ゴミ捨て、掃除機、書類整理、補充、加湿器の水の交換、掃除やお客様へのお茶出し等が体験できたのもPEAKS六甲ならではだと思います。
 担当職員には色々な場面でお世話になりました。訓練や周りの利用者の事、家族や生活の事など相談ができたのも発達障害に理解のある事業所だから出来たのだと思っています。
 9月から屋内農園で水耕栽培の仕事をします。初めての事ばかりで緊張をしていますが、訓練をした日々を思い出しながら初心を忘れず、仕事を覚えて頑張りたいと思います。
 こういったPEAKSの様な発達障害の方に向けた事業所が今後も増えれば、発達障害で悩んでいる方々の支えになるのではと思っています。
発達障害は障害ではなく、個性だとよく訓練の中で担当職員が言っていました。この様に理解者が増えてきたら色んな人にとっても住みやすくなっていくのかなと思いました。
 PEAKS六甲の職員方をはじめ、色々な支援機関、家族、友達、周りの方の御縁、支援があり就職が出来た事。感謝をしたいと思います。就職がゴールではなく、あくまで到達点。長く安定して働けるように自身と向き合い、周りの方にも感謝して頑張りたいと思います。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声