ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

自慢じゃないけど

 どうも半平です。いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。自慢じゃありませんが、私には人後に落ちないと自負していることが3つあります。それは「方向音痴」、「不器用」、「悪筆」ですが、今日はその内の悪筆について話したいと思います。
 皆さんはカタカナの「ソ」と「ン」の書き分けってできますか? 「馬鹿にしてるのか!」と怒られてしまいそうですが、私は悪筆の余りこの書き分けが鬼門なのです。
 はっきりと書き分けようと、自分なりに工夫したら物凄い癖字になって、クロスジョブのペン字の訓練で書いて見たら、「ン」に読まれませんでした(笑)【図①※上が「ソ」、下が「ン」。以下同じ】。


【図①】


 ならばと、ワープロの「ン」を真似してみたら、今度は「ソ」と見分けがつかなくなりました(笑)【図②】うーむ、これでは「エジソン」と書いたつもりが、「エジソソ」か「エジンン」に読まれてしまう・・・。


【図②】


 この問題をクロスジョブの終礼で話してみたところ、大激論になりました。結局、インターネットで「漢字の正しい書き順」というサイトを見つけて、そこで動画で紹介されている「ソ」と「ン」の書き方を真似してみたところ、以下のようになりました。【図③】


【図③】


うーむ、撥ねを意識して書いてみたら、これはこれで変な字になったような・・・。その後も大量に「ン」の字を書く。こうもたくさん書いていると、もはや何の字を書いているのか分からなくなりますね。【図④】


【図④】


 結局、撥ねるのは諦めて、辿りついたのがこちらになります。【図⑤】 どうです? 曲がりなりにも「ソン」に読めますでしょう?


【図⑤】


 いずれにせよ自分の書いた字がちゃんと読まれないのは、ソンな話。カタカナの書き方なんて、いい歳して訊けるものじゃありませんが、それを聞いても恥にならないのがクロスジョブ。ソンな素敵な場所でした。
お後がよろしいようで。今日はこれにて失礼いたします。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声