ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

合同就職面接会(神戸・明石)を受けて 振り返り!

 訓練生の屋敷郷です。ここ半月ほど短期間で気候が変動をして寒くなって行く中ですが、皆さんの体調はいかがでしょうか??? 今回の記事は先月の29日にポートピアホテルにて行われた合同就職面接会を受けた事を執筆していきます。
 私は今回2つの求人に応募をしました。1社目は医薬品の企業で、勤務地は神戸市西区で製品を包装など行う業務内容で、2社目は鉄鋼企業のグループ会社で、勤務地は神戸市灘区で本社内での機密書類の廃棄と清掃を行う業務内容です。
 今回は応募書類の作成に時間を費やしてしまい面接の練習がほぼ出来ずに前日の帰りと当日の朝に担当職員と想定質問に対しての答える内容の確認を行い望む事になり不安でした。今後は面接練習が出来る様に計画を柔軟にして行きたいです。
 当日は基本緊張をしていて、会場へはJRで三ノ宮駅に行き、本来は送迎バスに乗る予定でしたが乗り切れないためポートライナーで向かいました。私はポートライナーに乗ってからは神戸大橋を渡ると緊張がより強くなりました。会場に着いてエントリーを済ませて待ち合い席に座り緊張をしていたので瞑想を5分ぐらいして緊張を解す事が出来ました。引き続き待ち合い席にて私の出番まで待っていると、地元のテレビ局のクルーからインタビューを受けて今日は幾つの社の面接を受けるのか、意気込みなどを聞かれました。インタビューは面接会が行われた日のニュース番組で放送されました。
 最初は、医薬品の企業の面接を受けました。面接担当者から職務経歴の質問で、私は過去に3社の職務経歴があり1社目は港で梱包をしていた仕事と2社目は配達の仕事までは一般雇用で障害が分かる前に勤めていましたが、その説明が出来ていなかった為、混乱を招きましたが、同行をしていた担当職員からの補足があり助かりました。次の2社目までの時間を使い再び想定質問に対しての答える内容の確認を行いました。担当職員と話し合いをして職員の同行はしない事になり、担当職員は挨拶時の名刺交換のみ行い、その後は、私が自信を付ける為に1人で望みました。2社目の鉄鋼企業のグループ会社の面接を受けました。1社目は職務経歴の質問で上手く説明が出来ませんでしたが、再度確認を行った効果で、面接担当者に上手く説明が出来た事で、思ったより緊張が強くなる事が無く面接に臨めたと思います。
 記事を作成しながら振り返って以前所属をしていた就労移行支援事業所では担当職員が全ての面接に同行をしていたので面接担当者は私に質問を殆どせずに同行をしている担当職員に質問をして答えていて、私は何か補足がある場合に答えるスタイルでしたが、私の力では無いので不満でした。1社目では担当職員の動向がありましたが、私から積極的に答えて行く事で私の力で面接を受けていると実感が出来て満足出来ました。更に2社目はかなり久々に1人で面接を受けることが出来て良かったです。結果は両方(全て)郵便で送付があり残念ながら不合格でしたが、前向きに受け入れて合同就職面接会を受けたことは良い経験になりました。今後の就職活動に活かして今度こそ合格を目指し行きます。


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声