ピークスネットワーク

電話番号 070-846-3009 お気軽にご相談ください。

グループ就労

 私が他の利用者たちと先週行ってきましたグループ就労について書こうと思います。

まず、このグループ就労についてですが、これは法人が請け負った仕事をクロスジョブKOBE、KOBEⅡの両事業所がそれぞれ週一回ずつ施設外で行うものです。
 今回の作業内容は、倉庫でクリスマス商品を種類ごとに仕分けをしたり、これらの商品に値札シールを付ける作業でした。
 グループ就労は普段の訓練とは違いお金が発生する『仕事』です。普段の訓練では失敗してもそこから学ぶことができれば良い場合もありますが、グループ就労は『仕事』であり失敗するわけにはいきません。そのため普段の訓練にはない緊張感や責任感があります。
 このグループ就労を通して我々訓練生は「仕事における緊張感や責任感がどのようなものであるか?」を学んだり、自身の新しい課題や仲間の長所などを発見します。
私も今回のグループ就労で新たな課題や気づきを得ることができました。
私が気づいたのは、事前準備の大切さです。今回は事前準備を疎かにしてしまいミスが出てしまいました。
 我々は作業前に段ボールに決まった数の商品が入っているか確認せずに作業に取り掛かったため、もともと段ボールに決まった数が入っていなかったことに気づかず、最後に数が合わないと慌ててしまう事態になってしまいました。
 後で振り返ってみると、この事態は作業を始める前に段ボールの中に所定の数の商品があるかしっかりと確認しておけば防げるミスでした。事前準備をしっかりすることがミスを無くす第一歩だと痛感しました。
この経験を生かして作業前の準備をしっかりとしてから作業を行い、ミス無く作業するという新たな課題が見つかりました。
 この他にも、同じグループのメンバーの手先の器用さや丁寧な仕事ぶりなど、普段の訓練では見ることができない一面を発見することができました。仲間の短所を見るのではなく、長所を見つけ、互いにそれらを生かし合うことがより良い仕事に繋がるということを再確認できました。

 このように、普段とは違う環境で作業をすることで新たに気づくこともあり、グループ就労はとても有意義な時間でした。
CJS


利用者ダイアリー 一覧を見る

  • スタッフブログ
  • 保護者の声